世界でこんなにも違う脱毛の意識

予約を取りづらいのは人気の証拠?

日本ではだいぶ定着してきた脱毛。国が違えばムダ毛に対する意識や脱毛の常識も変わってきます。 日本以外の国ではどのような解釈が多いのでしょうか?

アメリカでの脱毛事情

脱毛先進国といわれているアメリカ。男女ともに脱毛がみだしなみの一つとされ、日本でのわき毛処理の感覚でVIO脱毛も常識となりつつあるようです。 衛生上の効果に加え、Tバックを使用する女性も多くいることも関連しています。 アメリカ人によると、日本の女性はメイクはしっかりするのにデリケートラインのケアには疎いことに驚くようです。 脱毛グッズも一般に広く販売されています。男性の脱毛も盛んで、毛の処理はサウナに入る際のマナーとされています。

ヨーロッパでの脱毛事情

ヨーロッパでは、昔はあまりムダ毛に関して気にする人も多くはなかったです。 最近では、少し変わってきてヨーロッパでも国によってはかなり浸透した習慣となっています。 イギリスではデリケートラインの脱毛は女性の身だしなみとされ、母親が年頃の娘に勧めるのはめずらしいことではないようです。

イスラム圏での脱毛事情

イスラム圏では結婚した女性はVIOラインの脱毛をすることが常識とされているようです。
一般的には宗教上の理由とされ、実際は、女性は肌を見せることがタブーで人目につく浴場では体を洗うときも 下着を身につけるような習慣の国で清潔さを保つという衛生上の理由から来ているようです。