ワキ毛脱毛でワキガ対策サポートにもつながる?

最近話題の脱毛でワキガが軽減したとか、ワキガになったとか色々な噂を耳にします。
噂の真相を確認していきたいと思います。

脱毛をするとワキガになるといわれている理由

脱毛するとワキガになると巷で噂になっていますが、科学的な根拠は明らかになっていません。
そもそもは、ニードル方などの毛穴に針を刺す脱毛法の場合、アポクリン線を傷つけてしまう可能性があるという仮説から噂が大きくなって広まっていったものです。
実際に、レーザー脱毛でワキガになったという声も聞きますがどちらかというと、脱毛することによりワキガが軽減したという説の方が有力であるようです。その理由について詳しく説明していきます。

そもそもワキガって何?

脇の下や外陰部、耳、乳房、肛門などに分布しているアポクリン腺から出ている粘液質の汗がワキガの原因です。
脇の下が特に分泌がさかんで、脇毛があるとそこに汗や細菌が付着するためさらに臭いが強烈になるのです。
白人は10人中8~9人までもがワキガ体質です。一方、日本人は10人中1人ということですからワキガ体質の人は少数派です。そのため日本ではワキガは忌み嫌われている面もあるのですが、欧米ではそれほどではありません。
実際アポクリン腺は生殖器に多く分布していて異性を引きつける芳香腺としての役割があるといわれています。

ワキガ体質はほぼ遺伝です。片方の親がワキガであれば50%、両方の親がそうであれば80%遺伝するといわれています。 人種によって割合が違うのは食生活が大きく関わっているようです。欧米型の高カロリー脂肪の食事はアポクリン腺の分泌を高めるといいます。日本人も食生活の変化によってワキガ体質の人の割合が増えつつあるといいます。

ワキ毛の役目はどんなもの?

ワキガの原因ともなってしまうアポクリン腺から分泌されるフェロモンを周囲に広げる働きをしているのがワキ毛です。
本当は、動物にとってはなくてはならないこのわき毛の機能ですが匂いに敏感な人間にとてはマイナスになってしまうことも…わき毛はワキガの悪臭を撒き散らす役目をしてしまうともいえます。
わき毛は、縮れています。この縮れは毛と毛の間に隙間を作り風通しを良くし匂いを散布させるためのものです。
毛が多いほどこもりやすく、風が色々な方向に抜けていくため匂いが広く充満してしまいます。

脱毛がワキガ軽減に有力といわれるのはなぜ?

わき毛がなくなることにより通気性がよくなり、汗から雑菌の発生をおさえることができます。
清潔な状態で保てます。ワキガの匂いは、服の繊維に残るほど強烈な場合もあります。
これはつまり、わき毛にも同様の匂いが染み付いてしまうことを意味しています。
わき毛がなくなることによりこれらが改善できるため、わき毛脱毛がワキガを誘発する説よりも改善に繋がるという説の方が有力であると考えられます。